肉割烹『まさ㐂』

肉割烹『まさ㐂』

2016年3月3日木曜日

『宝箱』

3月に入りました。先日の寒波が過ぎ、暖かくなりそうな気配。そろそろ春ですかね。
最近はインスタ等でサラッとが主流になってしまってますが、久し振りにBLOGで紹介を。
今回は『箱』です。










建物の設計と併せて、一緒に家具などを作らせて頂く事も多いのですが、今回は以前手掛けさせて頂いたお店から『箱』のデザインのご依頼を頂きました。それが写真の箱です。今回はクライアントさんがアンティーク好きとあって、ウォルナット無垢材と真鍮製の金物で、今後の育ちが楽しみな組み合わせにしました。

カラーセラピーで使用するカラーボトルを入れておく為の箱で、狙い通り何とも愛嬌ある仕上がりに。ちょい見えする色付きボトルを入れて、そりゃニンマリしましたよ。笑

いつも思いますが、家具は建築と同じだなと。用途と構造、耐用年数にサイズと素材。ミリ以下の調整が必要になりますので、確認と微調整の繰り返し。サイズと重量の検討、木と木の取り合い部分の納め方、木の柄の向き、角のアール部分のサイズ、塗装の種類や塗り回数、金物の選定や加工の精度・・・家具屋さんとのやりとり、いつも本当に勉強になります。

ただの『箱』非ず。これぞ大量生産品ではとても出せない拘りのクオリティーです。

木の種類やサイズによってはいろいろと組み合わせが出来そうですが、自分なら何を入れる『箱』なのだろう・・・きっと『宝物』を入れますよね。大事にしてもらいなよ〜。




0 件のコメント:

コメントを投稿