肉割烹『まさ㐂』

肉割烹『まさ㐂』

2012年1月18日水曜日

『書き初めと反省とちょっとだけオカン』

皆様、2012年になりました。いかがお過ごしでしょうか。
年明けしばらく経ちましたが、2012年初のURAKATA blogです。

昨年に続き、書初めをしました。昨年の様子はこちら

今年の一文字は『風』にしました。はい、風っ!

今年も、ワタクシ全く聞く耳を持ちませんでしたが、書家である嫁に、監修&道具提供をお願いしました。

一文字で『風』と言いましても、そよ風の様な心地良い風もあれば、台風の様な危険な風もあります。このように、一つの状況にも良し悪しがあり、使い方や感じ方を間違えると、180度違う状況になってしまいます。この状況を時には味方に付けたり、時には危険を感じ取り対処したり、と、状況を見極めながら強弱を使い分けれる様に進化したいと思っています。

建築に携わる人間としての知識や経験は、まだまだハナタレの域を出ませんが、ふと、振り返ってみると、ここ十数年、良い意味でも悪い意味でも、必死でがむしゃらに走って来た様に感じます。力の入れ方もヘッタクレもありません、ただただやみくもに突っ走っていただけです。それはそれで良い事と思われますが、何の事は無い、息継ぎの仕方も知らない、そのようにしか走れなかっただけです・・・。ハハハ・・・。

しかしそれは、その時の自分の精一杯だった訳で、仕方の無い所もあるのですが、今になり、やはり思い返す事が多いのです。設計項目だけでなく、プロジェクト全体を見渡すゆとり、スケジュールの組み方や時間配分など、今では、少しは自分のやっている事を俯瞰して見る事が出来る様になったと感じ始めています。だから、その『風』を感じ、読み取る意識を持ってみようと。力を入れる時は入れて、抜く時は抜いて。出来る人には簡単な事なのかもしれませんが、そんな事を『風』に例え、1年を通して意識してみようと。

まあ、ただ好きなだけですね『風』が。特に単車に乗っている時に感じる『風』は最高なもんで。笑



昨年2011年は、深く記憶に刻まれた、大きな意味ある年でした。

自分の意識が変わった「大震災」。そして祖母の他界、尊敬する先輩の突然の死もありました・・・。より深まった絆があり、新しい友との大切な出会いや再会もあり、そして手掛けさせて頂いた沢山の仕事がありました。

後悔した事も多く、反省の多い1年ではありましたが、沢山の方達のおかげで、しっかり前を向けた年でもありました。今までに、上下左右、こんなにも振り幅の大きい年も経験にありませんでしたが、きっと今年も様々な出来事があるのでしょう。1年1年、いや、1日1日、1分1秒、より時間を大切に、今年も、後悔の少なき様、一生懸命、生きて行く所存です。

改めまして、2012年も宜しくお願いします。


URAKATA design office & partners
代表 刈内 邦夫



ぶち恥ずいですがサービスしまっせ。ちっちゃくて大きいURAKATAオカンとの数少ない貴重なツーショット写真。笑