肉割烹『まさ㐂』

肉割烹『まさ㐂』

2011年6月20日月曜日

『Congratulations!』




先日、川辺のカフェで結婚パーティー。

途中パラパラと雨が降りましたが、それが逆に心地良く。

良い友と良い先輩。そして良い歌とヘンなお土産まで。

さわやかで心地良いパーティーでした。

結婚おめでとう。

プロ写真家が多かったので、ええ写真が沢山撮れとるじゃろうて。また見せてや。

Congratulations! Tatsuya & Midori !!






ちなみに嫁がBINGOでカープ。でかした!

2011年6月10日金曜日

『額装や看板など』

6月になりました。今日、明日と雨っぽいですね。

今日、事務所ではSignals聞いてます。


しばらく前のblogで油絵の話を書きましたが、その油絵を入れる額を考えさせて頂きました。


お店は、内装を手掛けさせて頂いた美容院『salon Salut!』(サロン サリュ!)です。
存在感の強い画だったので、木目を消してシンプルに、アクリルカバーで納めました。バタバタしてて壁に飾った画と、ナゼか店舗入口の写真(笑)・・・。

肝心の店内雰囲気が全くわかりませんが、店内との調和ももちろん良いんですのよ。
店内の一つ一つが可愛らしく素敵で、とても僕が手掛けたとは思えませんですのよ(笑)。
また機会を作って撮影入れて店舗紹介しないとなぁ。




そしてこちらも美容院『Eternal land』(エターナルランド)さんの店舗看板を作製させて頂きました。



こちらの看板のこの質感。生鉄を叩いてオリジナルで作製しました。一筆書きに見える立体的な店舗ロゴ、そして鉄のハサミ。これはオーナーさんとの打合せで、わかり易いようにベタに行こうと(笑)。

生鉄の叩き加工、そして自然風化させた錆(さび)と塗装、かなり手間暇掛かってます。
叩きの大きさや質感、そして錆の具合等、サイズ感も丁度良く、はじめからそこにあったかの様なハマリ具合。設置後、職人さん達とニンマリ、会心の出来栄えですのよ。

しかし鉄という素材の扱いは奥が深い。叩く温度や曲げる温度、厚みや幅、一筋縄では行きません。懲り過ぎて綺麗に造り過ぎると既製品に近付いて手間を気付いてもらえないと、職人さんは嘆いてました(笑)。

いつも、いろいろと考え、職人さん達と試行錯誤を繰り返し作製していますが、クライアントさんにはとても喜んで頂いています。僕自身も、やっぱりこの『世に一つ』というのが、嬉しさであり、やりがいなのです。